- 施術コラム一覧 - 仰向けで寝ていると腰が痛い方必見!腰痛改善セルフケア!  整体 綱島

仰向けで寝ていると腰が痛い方必見!腰痛改善セルフケア!  整体 綱島

2021.07.07
カテゴリ: 腰痛

こんにちは。

整体院ペインクリニカルラボ綱島駅前院の嶋田です。

 

今回は仰向けで寝ていると腰に痛みが出てしまう方の為の腰痛改善セルフケアをお伝えさせて頂きたいと思います。

 

まず、仰向けで寝ているとなぜ痛みが出てしまうのかという事をご説明させて頂きます。

 

人間は仰向けで寝ると腰はどのような状態になっていると思いますか?

 

実は仰向けで寝ていると腰は反っている状態になっているのです。

 

仰向けで寝るとベッドに沿って体が良くも悪くも真っ直ぐになります。

人間の体は真っ直ぐになると骨盤がやや前傾(骨盤が前に傾く)方向に動くので腰が反りやすい状態になります。

 

本来、背骨の柔軟性や腹筋群の出力があると腰はそんなに反らず仰向けで寝ていても痛みは出ないのですが、

 

背骨の柔軟性や腹筋群の出力が低下してしまうと腰が反りすぎてしまい痛みが出やすくなってしまうのです。

 

では、どうしたら仰向けで寝ていても腰に痛みが出ない状態になれるのかと言いますと

背骨の柔軟性を獲得する事と腹筋群の出力を高めることにより仰向けで寝ていても腰に痛みが出ない状態を作る事ができるのです。

 

今回は腹筋群の出力を高めるセルフケアをお伝えさせて頂きます。

 

腹筋と聞くと仰向けに寝て膝を曲げ上半身を起こす「上体起こしの腹筋」が一般的な腹筋と思われがちですが、

上記の腹筋ですと腹筋の中のほんの一部分しか使われていないのです。

 

元々、腹筋は4層構造になっておりそれぞれの役割があります。

上体起こしの腹筋ですと4層構造のうち1番表側の層しか使っていないので無駄ではないですが勿体無いです。

 

これからお伝えするセルフケアは4層同時に刺激を与えて腹筋群を活性化させるセルフケアですので出力を上げるにはお勧めのセルフケアになります。

 

・腹筋群を活性化するセルフケア

 

※セルフケアをする前に仰向けになって腹筋に力を入れて硬さの確認と腹筋動作(上体起こし)の起きやすさを確認しましょう。

①ベッドや床に仰向けで膝を曲げた状態で寝ます。

②深呼吸をしていくのですがお腹を膨らませながら鼻で息を吸って行きます。

※深呼吸で息を吸う時に床から腰と背中が浮いてしまうので腰と背中を床につける意識を持って深呼吸をすると同時にお尻の穴を締めると腹圧が高くなり腹筋群を活性化しやすくなります。

③息を限界まで吸ったらお腹を凹ましながら息を吐いていきます。

(肋骨と骨盤の内側を閉じるイメージを持つと凹ましやすいです。)

 

④これを10回ゆっくり大きくやりましょう。

 

10回終わりましたら再度腹筋の硬さと腹筋動作の起きやすさを確認してみて下さい。

 

いかがでしょうか?

 

先程より腹筋が硬くなり腹筋動作もやりやすくなっていると思います。

 

この状態が腹筋が活性化していて腹筋に出力が入りやすくなっている状態なので仰向けに寝ていても腰が過度に反る事がなく腰に痛みが出にくい状態になっているのです。

 

仰向けで寝ていると腰に痛みが出てしまう方は是非このセルフケアを実践してみて下さい。

 

次回は背骨の柔軟性を獲得するセルフケアをお伝えさせて頂きたいと思います。

 

次回もお楽しみに。

 

 

↓↓↓ご予約・お問い合わせはこちらまで↓↓↓

 

 

 

 

 

 

整体院ペインクリニカルラボ綱島駅前院

嶋田大地

 


院情報・地図

院名【運営会社】

整体院ペインクリニカルラボ【株式会社Fursa】

所在地

横浜市港北区綱島西2-9-5 バンベール北川402

駐車場

目の前のイトーヨーカドーの駐車場か斜め向かいのタイムズをご利用ください。

ご予約について

【完全予約制】※現在ご予約が大変混み合っているため予約希望日を2~3候補ご準備した上でお問い合わせください

診療時間

9:00〜20:00〈不定休〉土日祝も診療してます

最寄り駅からのルート案内はこちら



院内での感染症予防の取り組みはこちらをタップ

arrow
「もう大丈夫です。その痛み今日で終わりです。」予約は今すぐ
24時間対応ご予約フォーム
LINEからのご予約は24時間受け付け中です 今なら下記の特典をプレゼント 特典1 初回来院時特別クーポン 特典2 腰痛・肩こりの方必見 姿勢改善、エクササイズ動画 ここをタップして今すぐLINEから予約する