- 施術コラム一覧 - 長引くひざ痛を改善する!◯骨調整!  整体 綱島

長引くひざ痛を改善する!◯骨調整!  整体 綱島

2021.10.14
カテゴリ: 膝の痛み

こんにちは。

整体院ペインクリニカルラボ綱島駅前院の嶋田です。

 

今回は、痛みが長引いているひざ痛に対してある骨を調整する事により痛みを軽減させるセルフケアをお伝えさせて頂きたいと思います。

 

ひざの痛みを改善していく事で重要なのが、ひざのねじれになります。

 

では、ひざのねじれって何なのか?と言いますと前回の記事でもお伝えしましたが

Knee-in Toe-out(ニーイントゥーアウト)の状態です。

太ももの骨(大腿骨)が内側にねじれていて、スネの骨(脛骨)が外側にねじれている状態を表します。

 

このひざのねじれがある状態で日常生活を過ごしていくと

 

・半月板の位置がずれやすくなる。

・関節の噛み合わせがずれやすくなる。

・膝蓋下脂肪体に痛みが出やすくなる。

・階段を上る時に痛みが出やすくなる。

・鵞足炎になりやすくなる。

 

といった症状が出てきてしまいます。

 

また、ひざのねじれがあると

ひざだけの症状だけではなく股関節や足首にも問題を起こしてしまう事がとても多いのです。

 

なので、ひざのねじれを整える事はとても重要なのです。

 

ひざのねじれは様々な影響が考えられますがその中でも可能性が大きいものとして考えられるのが

 

距骨です。

 

距骨は足首を構成する1つの骨でふくらはぎの骨の土台となる部分です。

 

 

この距骨が歩いた時や段差を昇ったり降りたりする時に動いてくれないと

代償動作としてToe-out(つま先が外側に向く)してしまい

Toe-outになると自然に太ももの骨も内側に向いてしまい

ひざのねじれが生じてしまうのです。

 

なので、距骨を動きやすい状態にする事は

ひざのねじれを解消する事にとても重要になります。

 

それでは、早速距骨のセルフケアをお伝えさせて頂きたいと思います。

 

 

・距骨のセルフケア

 

①症状がある方の足をベッドや椅子に乗せます。

 

②足をベッドに乗せたら足首の中心に少し凹んでいる部分があるので両方の親指を重ねるようにして押します。

 

③両方の親指で押しながら前に体重をかけるように膝を前に出します。

(痛みを多少伴いますが痛みが強いとやりすぎになってしまうので痛気持良いぐらいで調整します。)

10回繰り返し行いましょう。

 

上記のセルフケアで自分でも簡単に距骨を調整することができます。

 

もし、ひざに痛みがあり

ひざのなじれが気になったり、歩いた時に足首がうまく反らない状態であれば距骨がうまく動けていない可能性があるので是非試してみて下さい。

 

次回もお楽しみに。

 

 

↓↓↓ご予約・お問い合わせはこちらまで↓↓↓

 

 

 

 

 

整体院ペインクリニカルラボ綱島駅前院

嶋田大地


院情報・地図

院名【運営会社】

整体院ペインクリニカルラボ【株式会社Fursa】

所在地

横浜市港北区綱島西2-9-5 バンベール北川402

駐車場

目の前のイトーヨーカドーの駐車場か斜め向かいのタイムズをご利用ください。

ご予約について

【完全予約制】※現在ご予約が大変混み合っているため予約希望日を2~3候補ご準備した上でお問い合わせください

診療時間

9:00〜20:00〈不定休〉土日祝も診療してます

最寄り駅からのルート案内はこちら



院内での感染症予防の取り組みはこちらをタップ

arrow
「もう大丈夫です。その痛み今日で終わりです。」予約は今すぐ
24時間対応ご予約フォーム
LINEからのご予約は24時間受け付け中です 今なら下記の特典をプレゼント 特典1 初回来院時特別クーポン 特典2 腰痛・肩こりの方必見 姿勢改善、エクササイズ動画 ここをタップして今すぐLINEから予約する