- 施術コラム一覧 - ひざ痛をさらに改善する!2つの筋肉!  整体 綱島

ひざ痛をさらに改善する!2つの筋肉!  整体 綱島

2021.10.20
カテゴリ: 膝の痛み

こんにちは。

整体院ペインクリニカルラボ綱島駅前院の嶋田です。

 

前回の記事はご覧になりましたか?

長引くひざ痛を改善する!◯骨調整!

 

上記の記事では、距骨がしっかり動いて足首がちゃんと曲がらない(背屈ができない)と結果的にひざは捻れますよ

といったお話をさせて頂きましたが

 

今日はそれに関連したお話をさせて頂きたいと思います。

 

まず、ひざの捻じれというのは股関節と足首の両方の影響を受けます。

特に距骨が機能的に動かない一番大きな理由として長母趾屈筋という

ふくらはぎのインナーマッスルがちょうど距骨の後ろを通ることで

距骨がどんなに機能的に動こうとしても長母趾屈筋が硬くて距骨が動かなくなってしまう事が多いのです。

 

なので足首の動きが制限されてしまい結果的にひざが捻じれながら動いてしまいます。

 

この長母趾屈筋と癒着しやすいと言われている部位を自分で揉み解す方法があります。

 

そのポイントを今回はお伝えしていきていと思います。

 

足の外くるぶしから大体指3〜4本分上に行った骨の後ろの部分にが今回のポイントです。

 

このポイントをグリグリとマッサージすると長母趾屈筋と短腓骨筋とい言われる筋肉が接する部分になります。

 

ここのポイントで上記の2つの筋肉が筋膜性に結合しているのでここで癒着してしまうと足首の背屈の動きが起こらなくなってしまいひざが捻じれてしまうのです。

 

そうすると、

・膝蓋下脂肪体というひざのクッションの部分に痛みが出る。

・ひざの内側の半月板の部分に痛みが出る。

・鵞足炎になりやすくなる。

・ベーカー嚢腫などの腫れが出やすくなる。

 

上記のような症状が出現しやすくなります。

 

上記のような症状が出現しない為、距骨が機能的に動かしやすいように

これからセルフケアをお伝えさせて頂きます。

 

・長母趾屈筋と短腓骨筋のセルフケア

※右足をセルフケアしていきます。

 

①台の上に足を乗せます。

 

②足を台の上に乗せたら、外果(外くるぶし)から指3〜4本分上の骨の後ろの部分を指で押さえます。

(このポイントがちょうど長母趾屈筋と短腓骨筋の接点になります。)

 

③ポイントを指で押さえたら親指でグリグリと30秒〜1分ぐらい揉みほぐします。

 

④揉みほぐし終わりましたらポイントを指で押さえながら足首を前後左右に20回ずつ動かしていきましょう。

 

上記のセルフケアが終わりましたら足首の背屈をしてみて下さい。

 

いかがでしょうか?

 

先程よりかは背屈しやすくなっていると思います。

 

背屈しやすくなる事で距骨が機能的に動くようになり

ひざに無駄な捻じれが無くなり痛みが軽減しやすくなります。

 

ひざ痛を抱えている方は是非お試し下さい。

 

次回もお楽しみに。

 

 

↓↓↓ご予約・お問い合わせはこちらまで↓↓↓

 

 

 

 

 

整体院ペインクリニカルラボ綱島駅前院

嶋田大地


院情報・地図

院名【運営会社】

整体院ペインクリニカルラボ【株式会社Fursa】

所在地

横浜市港北区綱島西2丁目9−5 バンベール北川 402

駐車場

目の前のイトーヨーカドーの駐車場か斜め向かいのタイムズをご利用ください。

ご予約について

【完全予約制】※現在ご予約が大変混み合っているため予約希望日を2~3候補ご準備した上でお問い合わせください

診療時間

9:00〜20:00〈不定休〉土日祝も診療してます

最寄り駅からのルート案内はこちら



院内での感染症予防の取り組みはこちらをタップ

arrow
「もう大丈夫です。その痛み今日で終わりです。」予約は今すぐ
24時間対応ご予約フォーム
LINEからのご予約は24時間受け付け中です 今なら下記の特典をプレゼント 特典1 初回来院時特別クーポン 特典2 腰痛・肩こりの方必見 姿勢改善、エクササイズ動画 ここをタップして今すぐLINEから予約する